保険の種類

保険を検討するとき、まずは保険を知ることから始めましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保険の種類と特徴

保険といってもたくさんの種類があります。

生命保険や医療保険など人にかける保険、自動車にかける保険、家にかける火災保険、地震保険などさまざまです。

ありすぎてよく分からない!と言われることが多い保険ですが、考え方としては

必要な保障を必要な分だけ必要な期間かけると考えたらいかがでしょうか?

そして、保険に加入すると保険料を支払うことになります。

保険料が家計を圧迫することにならないようにバランスよくかけることも大切です。

 

あとは、緊急性や重要度を意識することです。

例えば、自動車で死亡事故を起こしてしまい数億円の損害賠償を求められたら自分で支払えるでしょうか?

自動車の公的保障の自賠責保険では、被害者が死亡した場合は上限3,000万円の保障になります。

これでは足りないことになります。

自分ではとても支払えるような金額ではありません。

自動車を運転するのであれば、自動車保険には必ず加入しておく必要があるといえます。

このように、イザという時に貯蓄ではまかなえないリスクをカバーするのが保険の本来の目的といえるのです。

保険には、小さなリスクを上手にコントロールする力もあるのです。

医療保険は入院などに備える保険ですが、貯蓄があるのであればその費用をまかなうことができます。

しかし、会社を退職したので収入が途絶えている、住宅ローンの頭金を支払ったので貯蓄が少なくなっているような場合には、

急に入院ということになれば費用を工面するのに困ることもあるでしょう。

 

このように様々な経済リスクに備えるために保険があります。

保険を検討するとなれば、まずは保険を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

保険を検討するなら基礎知識をつけることから

保険の種類

保険は、イザという時に経済的に困る事態になったときに自分や家族を助けてくれるものです。

どんな事態になっても絶対に困らないくらい貯蓄や資産がある人は少数派です。

そんな人ならば、保険は要らないのです。

しかし、ある程度の貯蓄や資産があっても、それだけでは不安な人が多いのが現状ではないでしょうか。

なかには、貯蓄がわずかな人や貯蓄がゼロの人もいるので、もっと不安を感じるのではないでしょうか。

 

まずは、今の自分が生活していくにあたりどんなリスクを抱えているのかを考えることから始めましょう

また、自分だけではなくパートナーや子どもがいれば、家族に起こるリスクも含めて考える必要があります。

まずは、人にかける保険で考えてみることにします。

 

すべてに備えなくていい!

保険の種類

人にかける保険の中でも優先順位が高いのは、自分に万が一のことがあった場合に残された家族の保障としての死亡保障です。

そして、自分が大きな病気やケガをした時に経済的に困る場合の保障として医療保障があります。

死亡保障は誰にでも必要なわけではなく、自分に何かあった時に残された家族が経済的に困る場合です。

たとえば、シングルの人で親もまだ働いているのであれば、自分に万が一のことがあっても残された家族は、経済的に困ることはない場合があります。

そのような人は、死亡保障は無くてもいいのです。

 

しかし、自動車ローンやカードローンを返済中であれば、家族が支払わなければならなくなります。

家族に迷惑をかけたくないと思うのであれば、300万円程度の死亡保障を確保しておけば安心できます。

 

その一方で、パートナーや子どもがいる人は、残された家族がとても困ることになります。

共働きでも今まで2人分あった収入が片方だけになるのです。

そうなると家計がどのくらい困るか考え、死亡保障の保障額を検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、将来には老後の医療費、生活費、介護費と不安がつきません。

人にかける保険は、こうしたリスクにも備えることができる保険です。

 

しかし、老後資金は、あまり早くからとりかからなくてもいい問題です。

なぜならば、医療や介護、年金といった社会保障は、今後も改正が続くと考えられるからです。

老後の資金を備えるならば、公的保障を考慮した上でどうするか検討することが大切になっていきます。

 

先に公的保障を確認しておく!

保険の種類

死亡保障や医療保障は、どの程度の金額があればいいのか漠然としていますよね。

保障金額は多ければ多いほど安心ではありますが、その分保険料が高くなってしまうことを頭に入れておかなくてはなりません

 

・死亡保障

まず、万が一の時に残された家族の生活を保障する死亡保障についてです。

一家の主が亡くなると残された家族には、かなり高額なお金が必要になってきます。

妻や子どもには公的年金から遺族年金が支給されることになるのです。

一家の主が会社員や公務員の場合であれば、厚生年金や共済年金と同時に国民年金にも加入しているので2階建ての保障になっています。

条件が合えば、両方の年金から遺族年金がもらえることもあるのです。

 

しかし、自営業の場合は、遺族年金をもらえても国民年金部分のみになります。

子どもがいない、妻や子どもがいても18歳を過ぎると遺族年金は支給されないのです。

ですので、自営業の場合は、会社員の家庭よりも必要な保障額は1,000万円くらい多くなると考えられているのです。

 

また、会社員であれば勤務先からは死亡退職金が支払われます。

子どものいる家庭には、更に手厚い育英年金を用意している会社もあるくらいです。

このような公的保障や企業の保障を差し引いて、不足するお金が死亡保障で備えるお金になるのです。

貯蓄や遺族に収入があるのであれば、さらに差し引くこともできます。

 

このように必要な金額をはっきりさせることで、必要のない保険に加入することを防げます。

家計への保険料の負担も減らすことができるのです。

 

・医療保障

次に医療保障について考えてみましょう。

病気やケガで入院する、手術をするといった時の保障です。

実は、公的保障の健康保険で医療費の大半はカバーすることができるのです。

 

会社員であれば加入している健康保険によっては、更に上乗せの保障を得ることもできるのです。

そういった制度を使っても不足しそうなお金を、貯蓄や医療保険の給付金でまかなうと考えると、どのくらいの保障が必要か分かりやすくなります。

 

しかし、なんといっても大切なのは貯蓄の一言につきます!

何かあった時に貯蓄を切り崩すのは心が痛むかもしれませんが、そのための備えの貯蓄なのです。

貯蓄は万能なので、死亡、医療だけでなくどんな目的にも使えるのです。

ですので、貯蓄が少ない時期は保険の手厚い備えが必要ですし、貯蓄が多くなれば保険に頼っている分を減らすことができるのです。

保険に入ったら入りっぱなしではなく、随意見直しをする必要もでてくることも覚えておきましょう。

 

保険の資料を取り寄せる

保険の種類

保険に入ろうと思っている場合や保険を見直ししたい場合は、まずは資料を集めますよね。

保険は大きな買い物になるし、いったん入ると長いお付き合いが続くことになります。

保険の資料を請求する最初の窓口は、重要なポイントとなるといえるのです。

保険会社の営業社員を通して保険に入るのであれば、その後もその担当者を通してやりとりを続けることになります。

人と会うと時間がかかるので、インターネットや郵送でサッサと資料を取り寄せて入る場合もあります。

たまたま接点があった加入窓口から入ることもあります。

 

しかし、保険は複雑で難しいので誰かに相談したい、申し込み手続きを手伝ってもらいたいと思っている人は対面販売で保険に加入する方法をとると良いでしょう。

 

対面販売の場合は、4つのルートがあります。

 

1つ目は、この保険会社の商品の中から選びたい!と保険会社が決まっている場合です。

その保険会社の営業職員が勤め先自宅まで資料を持ってきてくれて説明もしてくれます。

 

2つ目は、自分から保険会社の直営店舗に出向いて加入する方法です。

この場合も加入したい保険会社が決まっている場合です。

自分の空いている時間に出向けるので効率的です。

保険については、もちろん無料で相談することができます。

 

3つ目は、たくさんの保険会社の商品を比較して入りたい、保険会社にこだわりがない場合です。

保険ショップや銀行の窓口で入ることができます。

保険ショップは、大型ショッピングセンターや駅ビルや商店街でよくみかけます。

比較的身近な立地にありますよね。ですので、資料も手軽に入手できます。

 

保険ショップや銀行窓口では、複数の保険会社の商品を提案してもらうことができ、商品の内容も詳しく説明してもらえます。

保険の相談はもちろん無料です。なぜならば、保険ショップや銀行窓口は、保険会社と代理店契約を結んでいます。

保険契約が成約すれば、代理店手数料を受け取ることができるからなのです。

 

4つ目は、FP事務所で加入する方法です。

FPは、ファイナンシャル・プランナーのことです。

くらしとお金の幅広い相談にのってもらえるプロです。

 

ですので、保険だけではなく、家計の支出や住宅ローンなどのバランスをみてライフプラン全体を見てから保険を選ぶ、保険の見直しをするといったことをしてくれるのです。

加入できる保険も複数社の資料が揃っているのです。FPに相談するとなると通常は有料になります。

対面ではなくインターネットや通信販売から自分で保険に入りたいという人は、自分で資料請求をして保険に入ることができます。

インターネットや通信販売の良いところは、割安な保険料プランになりやすいことです。

自動車保険などは、代理店を経由するのではなく自分でインターネットから契約をすれば、同じ保険であってもインターネット割引で安くなることもあるからです。

そして、自分でしっかりと保障内容を確認して入るので、数年経っても保障内容を鮮明に覚えており、保障にムダが生じにくいこともメリットになっているのです。

 

事前知識を持って保険の相談窓口へ

保険の種類

事前に保険の知識をつけ、いざ保険の相談窓口へ行くとなってもすぐに保険に加入してはいけません。

必ず、見積りをとることが大切です。

なぜならば、保険は洋服と同じだからです。

試着せずに買ってしまったらサイズが合わなかったと後悔するように、保険でもおこりうることなのです。

保険は、この試着にあたるところが見積もりをとることにあたります。

 

入りたい保険が決まっている人も保険金額、保険期間の条件を少し変えたいくつかのプランを見比べることが大切です。

比べることで、自分に一番ぴったりとくる保険が分かるようになるからです。

入りたい保険会社が決まっているのであれば、保険会社のコールセンターや支社に電話をして見積もりを依頼すると、

営業職員が職場や自宅の近くに試算結果や保障設計書を持ってきてくれます。

この時、迷っている複数の条件のプランがあれば、一緒に依頼しておくことが大切です。

 

保険会社の直営店舗や保険ショップ、銀行窓口に行く場合は、事前に予約しておくと担当者がその場で保険料の試算をしてくれます

見積もりをつくるためには、必要な情報があります。

また、すでに入っている保険があるのであれば保険証券を必ず持って行きましょう。

保険の見積もりで必要な情報を紹介いたします。

 

生命保険

  • 入る人は誰(年齢か生年月日、性別)
  • 保険金額(1,000万円、3,000万円など)
  • 保険期間(10年、60歳まで、終身など)
  • 保険料はいつまで払うか(60歳まで、終身など)

 

医療保険

  • 入る人は誰(年齢か生年月日、性別)
  • 入院給付金日額(5,000円、1万円など)
  • 保険期間(10年、60歳まで、終身など)
  • 保険料はいつまで払うか(10年、60歳まで、終身など)
  • 特約の有無

 

個人年金保険

  • 入る人は誰(年齢か生年月日、性別)
  • 保険料は月々いくら払えるか(1万円、2万円など)
  • 保険料はいつまで払うか(60歳まで、65歳まで)
  • いつから年金を受け取りたいか(60歳、65歳など)
  • 年金種類は(確定年金、保証期間付終身年金など)
  • 年金受取期間(5年間、10年間、終身など)

 

自動車保険

  • 車検証
  • 運転免許証
  • 保険証券(今契約しているもの)

 

見積もりを取るために必要な情報をそろえておくことで、あの情報が足りない、分からない部分があるということにはならないのです。

なお、自動車保険は、事故にあうと保険料が大きく変わるので契約更新時期の約3カ月前からしか試算できないのが一般的です。

 

まとめ

保険の種類

保険は、たくさんの種類があります。

誰もがすべての保険に入らないといけないわけではありません。

自分のライフスタイルや家族設計を考えて、必要な物を必要な分だけ選ぶことです。

日本では、公的保障の制度もしっかりとしているので頭に入れておきましょう。

保険に入るには対面、インターネットからなど色々な方法があるので自分にあった方法を選ぶことが大切です。

 

まずは、必要な情報をそろえて見積もりを取ってみることから始めてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*