保険の種類

掛け捨てタイプの保険のメリット・デメリットとは?どんなときにおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険を選ぶ時に、貯蓄性のある積立の保険にするか、掛け捨ての保険にするか悩む人が多いものです。

どのような目的で保険を必要としているのかを考えるとその答えは見えてくるのではないでしょうか。

たとえば、「今から10年間だけ保障が欲しい」と考えるのであれば、掛け捨ての定期保険が向いているといえるでしょう。

掛け捨て保険はなんといっても保険料が安いことが魅力です。

しかし、「死亡したときや老齢になった時の保障が欲しい」と考えるのであれば、掛け捨てでは保障が得られません

一生涯の保障があるのは終身保険になるからです。

このように保険は自分の欲しい保障を検討し、そこから対象となる保険を選んでいくのが一般的です。

 

今回は、掛け捨て保険についておすすめなケースやメリット、デメリットをふまえて紹介いたします。

 

掛け捨てタイプの保険とは?

掛け捨てタイプの保険について説明するならば、積立タイプの保険と比較すると分かりやすいです。

積立タイプの保険は、途中で解約した時や満期を迎えるとお金が戻ってくる保険のことです。

お金は、解約返戻金や満期金という形で戻ってくるのです。

掛け捨てタイプの保険は、解約した時に積立タイプのような解約返戻金や満期金が少ないか全く無い保険のことをいいます。

その分、積立タイプに比べて毎月の保険料が安いという大きな特徴があるのです。

 

積立タイプの保険は終身保険や養老保険があり、掛け捨てタイプの保険は定期保険があります

日本では「掛け捨て保険はもったいない」と思う人が多いので、保険会社では積立タイプの保険商品が数多く存在します。

積立タイプの保険は、将来のために貯蓄代わりに利用できるものがあるのです。

また、死亡保障を目的とした定期保険にも給付金がでるタイプのものもあります

たとえば、数年ごとに生前給付金が出るタイプや、医療保険にも数年ごとに無事故給付金がボーナスとして出るタイプのものもあります。

とはいっても、保険は掛け捨て型が本来の形なのです。

 

死亡保障や医療保障とは別に将来お金が受け取れる積立タイプの保険は、その分のお金を保険料に上乗せして支払っていると考えたら分かりやすいです。

保険を契約すると毎月保険料を支払わなければなりません。

支払い方法は、毎月払いや年払いなど選べることもありますが、保険料は基本的には月払いを基準に決められています。

決められた保険料は、保障をするための保険金や給付金に充当される純保険料と保険会社の経費や利益に充当する付加保険料の2種類のお金が含まれている金額です。

保険料に2種類のお金が含まれていることは、積立タイプの保険でも掛け捨てタイプの保険でもしくみは基本的には、同じです。

積立タイプの保険では、保障のための保険料に加えて将来受け取るお金を上乗せして支払っており、そのお金が積立てられているのです。

積立てられたお金は、一定期間ごとにでるボーナスとして受け取る、保険料払込満了後に満期保険金として受け取ることになります。

ですので、同じような保障を得るのでも積立タイプよりも掛け捨てタイプの方が毎月の保険料が安くなるのです。

 

積立タイプの保険では、保険会社が加入者に将来お金を支払うために保険料の中の純保険料を運用します。

収益が高くなるか低くなるかは保険会社次第なのです。

保険期間が長い、貯蓄性が高い保険ほど運用にまわすお金が多くなります。

しかし、現在は株式投資や投資信託などでお金を自分で運用している人が多いです。

積立タイプの保険か掛け捨てタイプの保険かを選ぶ時は、将来のお金を自分で運用するか保険会社にまかせるかの違いともいえます

自分でお金を運用できる人は、必要な保障を得るために毎月の保険料が安い掛け捨ての保険に入り、貯蓄分は自分で増やしていくのが向いているといえます。

 

掛け捨てタイプ保険がおすすめなのはどんなケース?

掛け捨てタイプの保険がおすすめなのはどんなケースが考えられるのでしょうか。

 

高額の死亡保障が必要な人

保険に入る時には、なるべく保険料を抑えて自分の目的にぴったりの保険に入りたいと思うものです。

死亡保障の保険にもいくつかの種類があるので保険の種類や商品をうまく選ぶことができれば、毎月の保険料を抑えることができ、必要な保障はしっかりと確保することができることになります。

特に、高額な死亡保障が欲しいが毎月の保険料を抑えたい人、今後のライフプランに応じて見直しが必要になる人ほど掛け捨てタイプの保険が向いているといえます。

死亡保障の保険のうち、定期保険あるいは収入保障保険から選ぶとよいです。

定期保険とは保険期間が一定の期間に定められており、その間に死亡すると死亡保険が受け取れる保険です。

収入保障保険とは保険期間は契約時に決めた一定期間ですが、その間に死亡すると契約時に定めた年金月額が満期まで受け取れる保険のことです。

経過年数に応じて、年金受取総額は減っていくしくみです。

 

必要な保障は、ライフプランに応じて変わっていきます。

シングルなのか、結婚したばかりで子どものいない家庭なのか、子どもが生まれたばかりの家庭なのかというようにそれぞれの状況に応じて必要な保障額は異なります。

掛け捨てタイプの定期保険であれば子どもが生まれたから保障額を増やす、住宅の購入で団体信用生命保険に入ったから保障額を減らすなどが可能になります。

保障額を増額する時にはあらたに健康状態の告知が必要になりますが、更新時や保険期間の途中でも保障額の変更を行うことができるのが魅力です。

保険料を抑えたい人は、見直しのタイミングごとに新規に加入し直す場合と今の保険の保障内容を変更する場合のどちらの保険料が安くなるかも検討した方が良いでしょう。

 

専業主婦で医療保障と死亡保障が少し欲しい人

どの家庭でも保険料は安く抑えられるに越したことはありません。

しかし、必要な保障が得られないのであれば意味がありません。

そこで、掛け捨ての共済も視野に入れてはいかがでしょうか。

共済は、掛金が一律で掛け捨てです。

必要な保障を必要な分だけ欲しいという専業主婦にはぴったりなのです。

共済とは、特定の地域や業種の人たちが集まって設立された組合です。

身近なものであれば、全労済、コープ共済、全国生協連、JA共済が挙げられます。

共済に加入するには組合員になるために出資金が必要です。

100円~1,000円前後ですが、地域によって異なります。

共済の特徴は、営利を追求していないので掛金が手ごろな商品が多いことが魅力です。

共済は期間が1年で掛金が年齢に関係なく一律の掛け捨てタイプの商品が多いのです。

1年ごとの決済で余剰金が出ると、割戻金(わりもどしきん)として加入者に還元されるところも嬉しいです。

 

死亡保障と医療保障がセットになった共済があります。

女性特有の病気で入院した時には保障額が手厚くなる商品もあります。

また、妊娠中の女性は保険に加入できないことが多いのですが、告知に該当していなければ妊娠中でも入れる共済もあり出産にともなって合併症を併発した場合の入院でも入院保障がでるものもあります

ただ、死亡保障の限度額は低めに抑えられているので、高額な死亡保障を望む人には向いていません

 

掛け捨てタイプ保険のメリット

掛け捨てタイプの保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

保険料が安い

掛け捨てタイプの保険は、積立タイプの保険に比べて、保険料が安いところがメリットです。

なぜならば、積立タイプの保険は将来お金が受け取れるので将来受け取るお金を積立てするために保険料に上乗せしているのです。

そのため、どうしても保険料は高くなります。

それに比べて掛け捨てタイプの保険は、積立てする部分のお金が不要なため保険料が安くなるのです。

 

一定期間に高額の保障が得られる

一定期間だけ保障を厚くしたい人には、とても向いている保険です。

保障を厚くしたい理由の多くは、子どもの成長とともに関係します。

子どもが学校を卒業するまで、こどもが成人になるまでと期間を限定してその期間に万が一のことがあった場合、残された家族への保障を手厚くすることができるのです。

同じような高額な保障を積立タイプの保険で得ようとすると保険料はとても高くなってしまいます。

 

掛け捨てタイプ保険のデメリット

期間に定めがある

掛け捨てタイプの保険は、期間が定められているので一定の期間をすぎると保障がなくなるデメリットがあります。

一生涯続く保障を望む場合は、掛け捨てタイプの保険は向いていないので、終身保険に加入することになります。

 

解約しても満期になってもお金が戻ってこない

保険料を支払うのが厳しくなった、保障が要らなくなった、そんな時に途中で解約すると解約返戻金が少ないか全くないことになります。

掛け捨ての保険だからです。

また、積立タイプの保険では満期を迎えると満期金が受け取れますが、掛け捨ての保険で期間終了するとお金が受け取れないことになります。

 

保険料が会社によって違うのはなぜ?

同じような保障内容の保険でも保険会社ごとに保険料が異なっています

保障内容は同じであるのに、保険料に大きな違いがでるのはなぜでしょうか?

それは保険会社の経費にあてる部分の比率が違うからです。

 

「掛け捨てタイプの保険とは?」で前述しました保険料のしくみについてですが、毎月支払っている保険料には純保険料と付加保険料の2種類のお金が含まれています

純保険料とは保険の原価といもいえるもので、保険会社が過去の統計から予測した『予定死亡率』と『予定利率』というものを使って決められています。

予定死亡利率とは、保険の種類ごとに年齢、男女、別に過去の統計から予測した保険料を割り出しています。

その際は集めた保険料の運用で得られる収益を見込んでいるので、その分を最初に計算した保険料から割引します。

この割引率が予定利率というわけです。

運用によって収益が高くなると予定利率が高くなり、支払う保険料が安くなるしくみです。

 

もう1種類の付加保険料ですが、各保険会社の保険販売にかかる手続きや維持・管理、事務コストや人件費などの経費のことです。

この付加保険料が保険会社によって異なるのです。

保険料にしめる付加保険料の割合が大きければ保険料が高くなりますし、付加保険料の割合が小さければ保険料が安くなるしくみです。

インターネット専用保険会社の保険料が安いことや通販型の保険が対面販売の保険よりも保険料が安くなるのは、この付加保険料の違いによるものなのです。

 

掛け捨てタイプ保険で迷ったらプロに相談してみよう!

保険には、加入するきっかけになる時期や見直しが必要な時期がやってきます。

結婚していても共働きをしている時代は2人分の収入があり、保険も最低限のものを用意しておけばいいかもしれません。

しかし、子どもが生まれる、妻が専業主婦になると家計は大きく変わってきます。

一家の大黒柱である夫に万が一の事があったら、妻や子どもに経済的リスクがふりかかることになります。

手厚い保障を備えて安心したいものです。

 

そんなときはどの保険に入ればいいのか、あまりにも保険商品が多くて分からないこともあるでしょう。

掛け捨てタイプの保険にするのか、積立タイプの保険にするのかひとつを挙げても選択する必要があります。

もし迷ったら保険のプロに相談することをお勧めします。

保険のプロに相談すると、いろんな保険の特徴や、自分が気づいていなかった問題点なども洗い出すことができます

どの保険に入ろうかと迷っている間にもいつ何が起きるか分かりません。

備えあれば憂いなしです。

 

必要な時期だけ保障が必要なら掛け捨てタイプ保険を検討しよう

掛け捨てタイプの保険は、積立タイプのような解約返戻金や満期金が無いため、支払った保険料がもったいないと感じる人も少なくないでしょう。

しかし、高額な保障を安い保険料で得られるという大きなメリットがあります。

幼い子どもを残して夫が亡くなった場合、妻と子どもが今後何年も生活していくには、何千万円という莫大なお金が必要になってくるのです。

子どもが成人するまでといった必要な時期だけしっかりと手厚い保障をしてくれる掛け捨ての保険は、とても便利で家計にも優しいといえます。

高額な保障が必要な期間は、ある一定の期間になります。

保障が必要でなくなれば、保障額を減らす、解約することがいつでも手軽にできることも掛け捨て保険の魅力ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*